中国のandroidウィルス対策ソフト「AVL」

“様々な面で躍進を見せている中国ですが、近年では無料のセキュリティソフトやアプリとして「中国のAVL」が人気になってきました。
そもそもスマートフォンに無料のセキュリティソフトやアプリはインストールするもの?と思ってしまうものですが、近年では、「マルウェア、ランサムウェア、androidウイルス」などの脅威から身を守るために、あえて無料のセキュリティソフトやアプリをインストールするユーザーが増えてきました。
無料のセキュリティソフトやアプリをインストールしても効果がないんじゃ・・・と思ってしまう人もいますが、そんなことはありません。
というのも無料のセキュリティソフトやアプリの中には、AVLのように高性能なセキュリティソフトやアプリもあるからです。AVLは、有料のセキュリティソフトに見られる「不正なアプリの検出、不正なWebサイトが有害かどうかのチェックを行える」ため、なにもインストールしないままでインターネットを利用するよりもはるかに安全な状態を作り出せます。
しかもAVLは、2013年に国際的機関「AV-Test.org」のテストもクリアしているため、世界的にも高水準のセキュリティソフトとして認められているのです。なにより、今では世界中のユーザーがスマートフォンを守るために、無料のセキュリティソフトやアプリではAVLをインストールしているケースが目立ちます。
AVLはユーザーレビューサイトでも、★4つ以上(最大が★5つ)というケースが多く、レビューを確認すると「不正なアプリやウイルスがAVLのおかげで見つかりました」、「24時間でスマートフォンを守ってくれる」、「古いスマートフォンでもAVLは動作します」・・・のような、高評価を多く受けているような状況です。
当然ですが、AVLはいきなり有料のセキュリティソフトやアプリになる悪質なものではありません。
無料を盛大にアピールしている無料のセキュリティソフトやアプリの中には、AVLとはちがい広告がひんぱんに表示される、悪意あるサイトへ誘導することが多い、スマートフォンに高い負荷をかけてしまい動作しなくなる・・・といったトラブル、そして、責任に対しても補償をしないケースさえも存在するので注意してください。”

Posted in 未分類 | Leave a comment

コストパフォーマンスが優秀な2022年冬オススメスマホ「Google Pixel 7」

“販売当初はキワモノ扱いを受けていたPixelシリーズですが、今では「Google Pixel 7」などがハイエンドモデルのスマートフォンの中でも高い人気をほこるようになっています。
その理由ですが、Google Pixel 7は「Google Tensor G2搭載で高性能、ユニークなカメラ性能・機能をもっている、ハイエンドモデルのスマートフォンの中ではコストパフォーマンスが高い」という、Google Pixel 7だけの特徴があるからです。
近年では、ハイエンドモデルのスマートフォンの多くはゲーミングスマホとしても利用できるかどうかが重要視されるようになっています。ですがGoogle Pixel 7は、最新のCPUを搭載しているモデルなので、その点は安心して利用できるスマートフォンに仕上がっています。
Google Pixel 7はユニークな機能をもつスマートフォンなのですが、たとえば「消しゴムマジック、シネマティックぼかし」といったカメラ性能・機能が人気です。なのでGoogle Pixel 7は、ほかのスマートフォンよりもワンランク上の性能や、ユニークな機能をもっているスマートフォンが欲しい人にオススメできるモデルとなります。
Google Pixel 7の詳細スペックですが、「カラーがレモングラス/スノー/オブシディアン、RAM:8GB ROM:128GB/256GB、サイズは縦155.6 x 横73.2 x厚さ8.7mm、重量は約197g、ディスプレイサイズは約6.3インチ、バッテリー容量は4,355mAh、SIMフリースマホ」となります。
一見すると、Google Pixel 7はほかのハイエンドモデルのスマートフォンよりもスペックが低く感じるかもしれません。ですが、Google Pixel 7はハイエンドモデルのスマートフォンの中でもコストパフォーマンスが高いスマートフォンで、実売価格は8万円台なのです。
コストパフォーマンスが高いの補足となりますが、一般的なハイエンドモデルのスマートフォンは10~15万円ほどしますので、8万円台というのはスペックを参考にすると驚きの価格設定といえるでしょう。ちなみに今では、半導体不足が世界的に懸念されている背景もあり、ニューモデルが出るたびに価格は上がっているような状況です。そのこともふくめて考えると、Google Pixel 7はコストパフォーマンスが高いスマートフォンとして評価できます。
Google Pixel 7のオンラインショップごとの価格ですが、「Google ストアでは82,500円、auでは87,310円、割引キャンペーンが適用されるケースでは45,310円、Softbankでは88,560円、割引キャンペーンが適用されるケースでは44,280円」となります。
どうして、Googleストア以外を利用するとGoogle Pixel 7を安く購入できるのか・・・というと、それは、「他社からの乗り換えが前提になっている」からです。
また、1度しか利用できないキャンペーンもあるので、今までに他社からの乗り換えを行ったことがない場合は、au、SoftbankでGoogle Pixel 7の購入を検討してみるとよいでしょう。”

Posted in 未分類 | Leave a comment

ゲーミングスマホとして人気のSIMフリースマホ「SHARP AQUOS R6」

“SIMフリースマホといえばどこかに欠点がある・・・ものですが、そのような欠点がほとんど見当たらない優秀なスマートフォンもあります。たとえば、国産のスマートフォンであれば「SHARP AQUOS R6」が有名でしょう。
SHARP AQUOS R6の詳細スペックですが、「サイズが約162mm×約74mm×約9.5mm、プロセッサはQualcomm® Snapdragon™ 888 5G mobile platform 2.8GHz+1.8GHz オクタコア、OSはAndroid 11、RAM/ROMは12GB/128GB」となります。
SHARP AQUOS R6はコストパフォーマンスが高いスマートフォンとしてすでに評価されているのですが、SHARP AQUOS R6は、「最新パーツが搭載されている」時点で同じSIMフリースマホとは別格の存在です。SIMフリースマホは、SIMフリーとして自分の裁量で設定をしなければならないために安い・・・と思われることが多いのですが、近年では、CPUがsnapdragonの古いモデル、RAMでありメモリサイズが小さい・・・という問題を抱えているスマートフォンもあります。
この問題は「ハイエンドモデルでもありえる」ので注意してください。つまり、SHARP AQUOS R6はただコストパフォーマンスが高いのではなく、トレンドの機能・スペックも有しているので世界的に高い評価を得ているのです。
そのほかのSHARP AQUOS R6のスペックですが、「ディスプレイサイズが約6.6インチ、メインカメラは約2,020万画素、フロントカメラは約1,260万画素、バッテリー容量は5,000mAh、防水はIPX5/8、おサイフケータイ機能あり」となります。バッテリー容量にも注目してほしいのですが、ハイエンドモデルのスマートフォンであれば5,000mAhを超える・・・わけではありません。中には3,000~4,000mAhもあるので注意しないといけません。
容量についても、4,000mAh未満になると1日ほどでバッテリー容量を大きく消耗しますし、バッテリー切れを意識してスマートフォンを利用しないといけません。ですがSHARP AQUOS R6は、バッテリー容量が大きくバッテリー消耗をおさえる機能まで搭載されているので、バッテリー消耗が激しいゲームや動画などを長く利用しない限りは余裕で2日ほど使いまわせるバッテリー容量となります。
なによりもSHARP AQUOS R6は、「ライカが生み出したズミクロンレンズが採用されている」スマートフォンです。ライカの技術は世界的に評価されているため、中華スマホなどでも採用されるようになったのですが、SHARP AQUOS R6のレンズであれば撮影による歪みがほぼなくなるほどの高精度です。つまり、リアルな景色をボタンひとつで見たままのレベルで残すことが可能です。
これほど優秀なSHARP AQUOS R6ですが、SHARP AQUOS R6は「ゲーミングスマホとしても評価されている」側面があります。SHARP AQUOS R6はリフレッシュレートが240Hzと高いため、動きの速い最新オンラインゲームであってもクリアな表示で楽しめますので、ゲーミングスマホとしても使えるハイエンドモデルの場合、中々SHARP AQUOS R6よりよいものは見つからない可能性があります。
SHARP AQUOS R6の特徴を最後にまとめると、「写真撮影のクオリティを上げたい、コストパフォーマンスが高いだけでなくスペックが評価されているスマートフォンが欲しい、夜景・夕焼けなどの難しいシーンをクリアに撮影したい、負荷の高い最新ゲームも問題なく楽しみたい」・・・そんな人にオススメのスマートフォンです。”www.samsung.com/jp/smartphones/galaxy-z/

Posted in 未分類 | Leave a comment

スマホのセキュリティを高めるとスマートフォンに悪影響を与えるウィルスから守れる

“ちまたで話題になっている「スマートフォンに悪影響を与えるウィルス」について案内していきます。
そもそもスマートフォンに悪影響を与えるウィルスとはなんなのか・・・というと、それは、「コンピューターウィルス」と同一の存在だと思って問題ありません。この世のどこかにはハッカーと呼ばれるコンピューターウィルスを「作っている人物がいる」ため、この世にはスマートフォンに悪影響を与えるウィルスが存在するのです。
プログラムなどによる自動生成で似たような種類のものではなく、「その時代、スマートフォンのモデルにあった脆弱性を付けるプログラムを人の手で作っている」・・・、つまり、無制限でコンピューターウィルスは作られている、世界中にばらまかれている・・・というのがコンピューターウィルスの正しい認識です。
もし、このようなスマートフォンに悪影響を与えるウィルスを放置していると、自身のスマートフォンが感染してしまうとどうなるのかについては、以下にその詳細をまとめてありますので参考にしてください。
まず、「リモートアクセスツールによる盗撮・盗聴」が、コンピューターウィルスのリスクの中では特に高いとされています。トイレを利用している時間、部屋でくつろいでいる時間などプライバシーがのぞかれてしまう・・・だけでなく、場合によっては「ストーキング行為をする人物にその情報がわたってしまう」ほどのリスクが発生します。
当然のことですが、リモートコントロールされているためスマートフォンを通じて、持ち主がそのような状況を理解することはできません。もしできたとしても「完全にリモートコントロールを止める」ことは難しいため、その後もスマートフォンに悪影響を与えるウィルスに悩まされることになります。
このような状況におちいりたくない場合ですが、スマートフォンのセキュリティを高めるために「有償版のスマートフォンのセキュリティ」をインストールするとよいでしょう。無償版を選択しないほうがよいのは、有償版のスマートフォンのセキュリティは最新の犯罪・ウィルスにも対応しているのですが、無償版のスマートフォンのセキュリティは、「いつ対応してくれるのか」・・・が不明だからです。
次に、「偽セキュリティソフトがスマートフォンのセキュリティを乗っ取る」こともあるので、スマートフォンに悪影響を与えるウィルスは小さな問題ではありません。
コンピューターウィルスのリスクの中でも重要視されているのですが、最近ではランサムウェア対策などをされていないスマートフォンが、このようなセキュリティリスクに遭遇するといわれるようになってきました。
ちなみに、偽セキュリティソフトといわれても表向きは無償版として機能している、パッケージがしっかりしているため、個人的に見抜くことは不可能でしょう。
ランサムウェア対策についても、「24時間でスマートフォンのセキュリティを監視する必要がある」ため、人間技では対処できないことを理解しておきましょう。しかもランサムウェア対策は、日々進化しているので古いバージョンのままの無償版スマートフォンのセキュリティを利用されている場合、いつかはほころびからウイルス感染する・・・と思っておいたほうがよいです。
また、これらのスマートフォンに悪影響を与えるウィルスからスマートフォンを守りたい場合ですが、ノートンインターネットセキュリティ(ノートンモバイル)がオススメです。24時間の監視だけでなく、ユーザー同士の情報を共有しているため、最新の犯罪・ウィルスに対しても素早く対応してくれる強みがあります。
ノートンインターネットセキュリティなど、ウィルス対策ソフトは高い・・・といわれることがあります。ですが今では、年間で6,000円ほど月間では500円でパソコン、スマートフォンのセキュリティを24時間高めることが可能です。
500円をもったいないと思ってしまったためパソコンなどをウイルス感染させてしまう・・・、最近では、このような考えが古いと感じるユーザーが増えているため、ノートンインターネットセキュリティだけでなく、ウィルスバスターなどのウィルス対策ソフトが軒並み売れているような状況になりました。”

Posted in 未分類 | Leave a comment

5G対応スマホの「Xperia 5 IV」とは?

“5Gが暮らしに幅広く普及したことで、日常生活を含む様々なシーンで便利になっていますし、それによって生産性の向上もみられると思います。
その5Gに対応しているスマートフォンは数多くの機器メーカーから数多くの機種が発売されていますが、その中の一つに「Xperia 5 IV」という5Gスマホがあり、アプリやゲームの起動も動画の再生もあらゆることが速い高性能CPUや余白の少ないシームレスな高精細大型ディスプレイ、1日中持続するパワフルな大容量バッテリーや誰でも簡単に綺麗な写真が撮れる高性能カメラなどを搭載したミッドレンジクラスのアンドロイドスマートフォンです。
この5Gスマホのボディサイズは幅約67ミリ、高さ約156ミリ、厚さ約8.2ミリ、重さ約172gといった薄型軽量コンパクトサイズになっており、カラーバリエーションはグリーン、エクリュホワイト、ブラックの3色が用意されています。
ディスプレイは解像度FHD+ 2520×1080でアスペクト比21:9の約6.1インチ有機ELディスプレイを搭載しており、バッテリーは30Wの急速充電やワイヤレス給電、ワイヤレス充電に対応している5000mAh大容量バッテリーが搭載されています。
また、ディスプレイにはGorilla Glass Victusを使用していますのでどこでも安心して使用することができますし、リフレッシュレートが120Hzに対応していますので動きが速くなるオンラインゲームなどでも滑らかな表示で楽しめると思います。
CPUはSnapdragon 8 Gen1 SM8450 3.0GHzオタクコアプロセッサでメモリはRAMが8GB、内蔵ストレージは128GBモデルと256GBモデルがあってmicroSDカードを使用することで最大1TBまで増設することができます。
カメラはF値1.7の明るいレンズがついた約1200万画素+広角レンズがついた約1200万画素+望遠レンズがついた約1200万画素のトリプルアウトカメラと、F値2.0の明るいレンズがついた約1200万画素のインカメラが搭載されています。
こうした5Gに対応しているスマートフォンはOSがAndroid 12でサイド指紋認証センサーがついており、デュアルSIMデュアルスタンバイでハイレゾ音源やDolby Atmosに対応して接続端子はUSB Type-Cになっています。”

Posted in 未分類 | Leave a comment

5G対応スマホの「Meizu 18s Pro 5G」とは?

“5Gでは4Gで映画のダウンロードでかかった時間を大幅に短縮させることができますので、ストレスを感じることなくダウンロードして好きな映画などを楽しむことができるのです。
その5Gに対応しているスマートフォンは各スマホメーカーから数多くの機種が発売されていますが、その中の一つに「Meizu 18s Pro 5G」という5Gスマホがあり、臨場感のある滑らかで見やすい高精細大型ディスプレイや動画の視聴やサクサクとしたゲーム操作が可能な高性能CPU、人物や風景を美しく残すことができる高性能カメラやグラフィックがきれいなオンラインゲームでも快適に楽しめる大容量バッテリーなどを搭載したミッドレンジクラスのアンドロイドスマートフォンです。
価格はRAM8GB/128GBモデルが約78000円でRAM8GB/256GBモデルが約84000円でRAM12GB/256GBモデルが約92000円になっています。
この5Gスマホのボディサイズは幅約73ミリ、高さ約162ミリ、厚さ約8.1ミリ、重さ約189gという薄型軽量コンパクトボディになっており、カラーバリエーションはホワイト、シルバー、ブルーの3色が用意されています。
ディスプレイはリフレッシュレートが120Hzに対応して解像度WQHD+ 3200×1440でアスペクト比20:9の約6.7インチ有機ELディスプレイを搭載しており、バッテリーは40Wの急速充電や40Wのワイヤレス充電に対応している4500mAh大容量バッテリーが搭載されています。
CPUはSnapdragon 888+ SM8350-AC 3.0GHzオタクコアプロセッサでメモリはRAMが8GBモデルと12GBモデルがあり、内蔵ストレージは128GBモデルと256GBモデルがあります。
カメラはF値1.9の明るいレンズがついた約5000万画素+広角レンズがついた約3200万画素+望遠レンズがついた約800万画素+約30万画素のクアッドアウトカメラと、F値2.4の明るいレンズがついた約4400万画素のインカメラが搭載されています。
こうした5Gに対応しているスマートフォンはOSがAndroid 11(Flyme OS 9.2)でディスプレイ内指紋認証センサーや顔認証センサーがついており、デュアルSIMデュアルスタンバイで防水・防塵機能がついて接続端子はUSB Type-Cになっています。”詳しくはこちら

Posted in 未分類 | Leave a comment

5G対応スマホの「realme V23」とは?

“4Gよりも5Gのほうが安定性がありますし通信速度も速くなりますので、今後もビジネスシーンやプライベートでも多く利用されると思います。
その5Gに対応しているスマートフォンには使いやすいものから高性能なものまでの様々な機種がありますが、その中の一つに「realme V23」という5Gスマホがあり、負荷がかかっても熱を持ちにくくて軽い使い心地を体感できる高性能CPUや迫力と没入感のあるゲームが楽しめる高精細大型ディスプレイ、美しい画像や映像を撮影できる高性能カメラや旅行でも安心して使用できる大容量バッテリーなどを搭載したミッドレンジクラスのアンドロイドスマートフォンです。
価格はRAM8GB/256GBモデルが約34000円でRAM12GB/256GBモデルが約38000円になっています。
この5Gスマホのボディサイズは幅約75ミリ、高さ約163ミリ、厚さ約8.1ミリ、重さ約190gといった薄型軽量コンパクトサイズになっており、カラーバリエーションはグレージングとブラックの2色が用意されています。
ディスプレイはリフレッシュレートが90Hzに対応して解像度FHD+ 2400×1080でアスペクト比20:9の約6.58インチIPS液晶ディスプレイを搭載しており、バッテリーは33Wの急速充電に対応している5000mAh大容量バッテリーが搭載されています。
CPUはMediaTek Dimensity 810 2.4GHzオタクコアプロセッサでメモリはRAMが8GBモデルと12GBモデルがあり、内蔵ストレージは256GBモデルがあってmicroSDカードを使用することで最大512GBまで増設することができます。
カメラはF値1.7の明るいレンズがついた約4800万画素+深度レンズがついた約200万画素のデュアルアウトカメラと、F値2.0の明るいレンズがついた約800万画素のインカメラが搭載されています。
また、体温測定、超広角モード、ポートレートモード、超広角エッジ歪み補正、デュアルLEDフラッシュ、AI自動シーン認識などの機能がついています。
こうした5Gに対応しているスマートフォンはOSがAndroid 12(realme UI 3.0)でサイド指紋認証センサーや顔認証センサーがついており、デュアルSIMデュアルスタンバイでハイレゾ音源に対応して接続端子はUSB Type-Cになっています。”

Posted in 未分類 | Leave a comment

5G対応スマホの「vivo S15e」とは?

“5Gは時代の変化に対応しながら、教育現場やビジネスシーンでも活用できますので、今後も様々なシーンでの活躍が期待されています。
その5Gに対応しているスマートフォンは日本国内だけではなく海外でも多くのスマホメーカーから様々な機種が発売されていますが、その中の一つに「vivo S15e」という5Gスマホがあり、バッテリー切れを心配せずに楽しめる大容量バッテリーや色鮮やかで発色が良くてバッテリー消費が少ない高精細大型ディスプレイ、誰でもかんたん操作でキレイな写真が撮れる高性能カメラや省電力性と高い処理能力を実現した高性能CPUなどを搭載したミッドレンジクラスのアンドロイドスマートフォンです。
価格はRAM8GB/128GBモデルが約4万円でRAM8GB/256GBモデルが約46000円でRAM12GB/512GBモデルが約49000円になっています。
この5Gスマホのボディサイズは幅約73ミリ、高さ約159ミリ、厚さ約8.4ミリ、重さ約190gという薄型軽量コンパクトボディになっており、カラーバリエーションはブルー、ピンク、ブラックの3色が用意されています。
ディスプレイはリフレッシュレートが90Hzに対応して解像度FHD+ 2404×1080でアスペクト比20:9の約6.44インチ有機ELディスプレイを搭載しており、バッテリーは66Wの急速充電に対応している4700mAh大容量バッテリーが搭載されています。
CPUはSamsung Exynos 1080 2.8GHzオタクコアプロセッサでメモリはRAMが8GBモデルと12GBモデルがあり、内蔵ストレージは128GBモデルと256GBモデルがあってmicroSDカードを使用することで最大512GBまで増設することができます。
カメラはF値1.8の明るいレンズがついた約5000万画素+広角レンズがついた約800万画素+深度レンズがついた約200万画素のトリプルアウトカメラと、F値2.0の明るいレンズがついた約1600万画素のインカメラが搭載されています。
こうした5Gに対応しているスマートフォンはOSがAndroid 11(OriginOS Ocean)でディスプレイ内指紋認証センサーや顔認証センサーがついており、デュアルSIMデュアルスタンバイで液冷システムやステレオスピーカーがついて接続端子はUSB Type-Cになっています。”Galaxy Sim free smartphone

Posted in 未分類 | Leave a comment

話題の機能を持つゲーミングスマホ2選

“ゲーミングスマホの中には、よりゲームプレイを楽しめるようにするための工夫がもりこまれています。今回は、そんなユニークな機能を持つゲーミングスマホの中でも、特に売り上げが高いスマートフォンを2つピックアップしていきます。
最近になって注目を集めるようになったゲーミングスマホでは、「Samsung Galaxy Note20 Ultra 5G」が特に人気です。なぜ高い人気を誇るのか・・・というと、それは、Samsung Galaxy Note20 Ultra 5Gに「ゲーム優先モード」が搭載されているからです。近年では、国産スマホのゲーミングスマホでも同様のシステムが見られるようになってきました。
ゲーム優先モードという名称のとおりで、余計なシステムなどは通知さえもシャットアウトする機能のため、ゲームはゲーム、普段使いは普段使い・・・と切り替えたい場合に、Samsung Galaxy Note20 Ultra 5Gは有効です。しかも、Samsung Galaxy Note20 Ultra 5Gのような機能を持つゲーミングスマホは、「電力消費をおさえるモード」も搭載しているため、電力消費を気にしないでゲームを楽しめるのです。
そんな優秀なSamsung Galaxy Note20 Ultra 5Gの詳細スペックですが、「CPUがSnapdragon 865 Plus3.0GHz + 1.8GHzオクタコア、ROMは256GB、バッテリー容量は4,500mAh、RAMは12GB、サイズは約6.9インチ、リフレッシュレートは120Hz」となりますので、ハイスペックスマートフォンとしても評価されています。現行モデルの中には、CPUがsnapdragon888の最新式もありますが、Samsung Galaxy Note20 Ultra 5Gは、ゲーミングスマホの中でもお買い求めやすい価格設定なので、満足できるスペックであると評価できます。
そのほかでは、AQUOS zero 5G basicのように「5G対応」のゲーミングスマホが増えてきました。また、ゲーミングスマホといえば5G対応モデル・・・と言われているのですが、その理由は「値下げ競争が過熱化している」からです。実際に、ゲーミングスマホで5G対応モデルでも5万円を切る時代になってきました。
そこで注目されるようになったのがAQUOS zero 5G basicですが、AQUOS zero 5G basicはスペックも悪くありません。AQUOS zero 5G basicの詳細スペックは、「CPUがQualcomm Snapdragon 765 5G mobile platform、ROMは64GB/128GB、バッテリー容量は4,050mAh、RAMは6GB/8GB、サイズは約6.4インチ、リフレッシュレートは240Hz」となりますので、リフレッシュレートがすぐれているゲーミングスマホとして雑誌などでよく紹介されています。
従来のスマートフォンでは90~120Hzが多いため、AQUOS zero 5G basicはその倍の性能を誇るゲーミングスマホです。アクションゲームをプレイされる場合、リフレッシュレートが平均的なスマートフォンでは「動きが急に速くなる、カクカクする」ことがあります。ですが、AQUOS zero 5G basicはそのようなトラブルにも対応しているスマートフォンなのです。”

Posted in 未分類 | Leave a comment

値下げラッシュが起きているスペックもよいスマホ2選

“安くなってきてからその価値が見直されるようになった格安スマホを2つご紹介します。
1つ目の格安スマホは「Google Pixel 3a」です。そもそもGoogle Pixel 3aは、価格が「12,780円」ととんでもなく安いスマートフォンです。Google Pixel 3aが販売された当初では、同価格帯のスマートフォンでこれほどまで多機能、高性能なスマートフォンはほとんど見当たりませんでした。
Google Pixel 3aは、「GoogleのPixel 3廉価版」に該当するのですが、あくまでも安くなっているだけで性能面を大きく引き下げているスマートフォンではありません。つまり、コストパフォーマンスが高いスマートフォンで、ハイスペックモデルと並ぶ性能も有している格安スマホなのです。
Google Pixel 3aは「カメラの機能が多い」ことでも話題になりました。たとえば、Google Pixel 3aであれば加工をしなくてもきれいな夜景を写真撮影できる、ポートレート写真の撮影にも対応しています。なので、カメラ性能もふくめてコストパフォーマンスが高いスマートフォンをお求めの方であれば、Google Pixel 3aの購入を検討されたほうがよいでしょう。
そのほかにもGoogle Pixel 3aにはよいポイントがあり、それは、従来のスマートフォンよりも「バッテリー持ちが改善されている」ところです。Google Pixel 3aは、「バッテリーが最大で30時間の連続使用に対応している」ため、格安スマホの弱点とされるバッテリー容量の質が低い問題が対処されています。
Google Pixel 3aの詳細スペックですが、「画面サイズが5.6インチ、カメラ画素数は1,220万画素、バッテリー容量は3,000mAh、処理性能はRAMが4GB、ROMは64GB」のため、1万円台で購入できるスマートフォンの中では別格です。ただ、今では2万円台でより優秀なスマートフォンが出てきているため、性能面にも妥協したくない人には強くオススメできません。
ちなみに、Google Pixel 3aは「防水機能あり、おサイフケータイ機能あり」の格安スマホです。
2つ目の格安スマホは「Xiaomi Redmi 9T」です。
こちらもGoogleのPixelシリーズと同じで格安となっているのですが、Xiaomi Redmi 9Tは、価格が「13,740円」とお買い求めしやすくなっています。
しかもXiaomi Redmi 9Tは「ハイスペックなカメラを搭載しているモデル」で、こちらは超広角・広角・望遠のカメラでも対応となっています。Xiaomi Redmi 9Tは、「超広角で撮影した写真の精度が高い」ため、こちらについて妥協したくない人にオススメのモデルです。
Xiaomi Redmi 9Tの詳細スペックですが、「画面サイズが6.67インチ、カメラ画素数は4800万画素、バッテリー容量は5,020mAh、RAMは4GB、ROMは64GB」となっておりますので、一世を風靡したワイドディスプレイタイプのスマートフォンそのままの特徴が多いです。
Xiaomi Redmi 9Tについても、「防水機能あり、おサイフケータイ機能あり」となりますので、少し大きめで使いやすいスマートフォンを求めているのであれば、Xiaomi Redmi 9Tは買いであると評価できます。”

Posted in 未分類 | Leave a comment